【My new gear…】セミアコ ソリッド両方の性質を併せ持つ♤テレキャスターシンライン

機材紹介(mynewgear) By namigroove

テレキャスターシンライン (Fender Mexico 2003年産 12万円くらい)

なぜテレキャスターシンライン?

1.見た目がカッコイイから!

発見当時名前すら知らなかったけど、Fホール(バイオリンなどにあるやつ🎻)が片側だけ入ってるデザインセンスに惹かれた。

赤色がどうしても欲しかったので、店舗で見かけて即決!

2.好きな奏者さんがこぞって持ってたから!

ファンキ風格さん

カッティングの神

ソエジマトシキさん
ネオソウルの神
ギター講座舐めるように見てる
有賀恭平さん
神 早弾きの中にも光る豊かな表情

全部Brunoというシンラインの形をしたセミアコギターであることは、このギターを買ってから知りました。

https://www.brunoguitars.com/

3.セミアコ ソリッドの良いとこ取りが出来そうだから

ギターはサブ楽器の為何本も持ちたくなくて、オールラウンダーな1本が欲しかった。

そこでセミアコ ソリッド、両方の性質を併せ持つ♣︎シンラインに白羽の矢がたった。

テレキャスのチャキチャキカッティングもやりたいし、セミアコの箱鳴り感も欲しい欲張りさん向け商品。

生鳴りもそこそこするので、アンプなし練習も捗る( ‘ω’ و(و”♪

欠点

セミアコほどふくよかな音は出ないし、テレキャスなりにサステインは伸び悩む(´·ω·`)

でもそんな器用貧乏さが愛おしい。

いつか金とスキル貯めてBrunoが欲しい…

気になってるやつ

Squierのテレキャスシンライン \54,000

この値段でP90が2つ乗ってる。。ジェネリックBrunoとしてほしい。。。

https://amzn.to/3tzRn3L


カテゴリー:機材紹介(mynewgear)

namigroove